トップページへ
理事長挨拶

家族性腫瘍とは

学会会則
組織構成
入会案内
学会誌
Newsletter
学術集会案内

ガイドライン

家族性腫瘍セミナー
関連集会
コーディネーター・カウンセラー制度
臨床遺伝専門医制度
患者の会
リンク集
マイクロサテライト不安定性検査(MSI検査)

日本家族性腫瘍学会

更新日 2017年2月14日


2017.2.14   第23回日本家族性腫瘍学会学術集会案内を更新しました。
2017.1.23  

国際関連学会の情報を更新しました。 

2017.1.19   関連集会を更新しました。
2016.12.12  

学会誌を更新しました。

2016.9    

トラベルグラント応募受付締切いたしました。

2015.11.18    

リンチ症候群の免疫染色に関する学会の見解と説明同意文書を掲載いたしました 

2016.5.17     日本癌治療学会より「AYA世代がん患者診療に関する専門医に対する調査」 への協力依頼がありました。
2015.6.1    

乳癌診療ガイドラインおよびNCCNガイドラインを掲載いたしました。

2015.6.1    

学会報告(第27回日本内分泌外科学会総会)を掲載しました。 



家族性非ポリポーシス大腸癌におけるマイクロサテライト不安定性検査の実施についての見解と要望
マイクロサテライト不安定性検査 (MSI検査) についての解説と検査の際に使用する説明同意文書をHPに掲載しました。


1990年、日本大腸癌研究会内に研究プロジェクトとして遺伝性大腸癌 研究計画が発足し、
その研究活動の一環として年1回、計5回の研究集会を行ってきたが、
その間、研究対象として各種臓器の腫瘍を含めることの必要性が認められ
新たに独立した研究会組織として1994年家族性腫瘍研究会が発足することとなった。
家族性腫瘍研究会は1995年から2004年まで10回の学術集会を開催してきた。
10年経過を記念し、また昨今の医学情勢を鑑み、家族性腫瘍研究会を発展的解消し、
2005年より、日本家族性腫瘍学会として出発することにした。